masakiの「ぼくらの時代、男だけの世界」

気ままに語るエッセイです。連絡先:silent.waves2050@gmail.com

脱デフレ 第21回  正しい錬金術

信用貨幣論は、国際金融資本(金融マフィア)も知っていて、

その正しい貨幣論を彼らが、悪用していることが、

世界の諸問題の根源になっている。

僕も、最初に、貨幣について学び始めたとき、

イギリスの銀行家は

無からお金を作り出すと聞いたときは、

嫌な予感がした。

実際に、信用貨幣論自体は正しいが、

それを悪人が使ってしまうと、

お金を無から作れるがゆえに、

貸せば貸すほど、その金利で儲けられるということになってしまう。

しかも、困っている相手に高い金利で貸せば、

相手を借金で首が回らなくなる状態にして、

経済的に支配することもできてしまう。

だから、信用貨幣論にも当然デメリットはあるということだ。

貨幣論としては、商品貨幣論ではなく、

信用貨幣論が正しいが、

商品貨幣論か信用貨幣論の二項対立ではなく、

双方にメリット、デメリットがあることも、

伝えていきたい。